ブログ

スタッフブログ

ツェルトの張り方!!(基本)
2018/05/16 カテゴリ:登山についての知識(技術)

テントを担いでお山に登られる方も多くなるシーズンになってきましたね。
ワクワクしますね(^^)

まず、はじめにツェルトは僕の中では無敵アイテムの一つだと思っています。
突然の雨で休憩したい時にそのままかぶったり、傷病者を搬送するときに担架を作ったり、そして簡易テントを作ったりと一つのアイテムでいろいろ変形させることができるのはツェルトだけではないでしょうか。

さて、今回はツェルトで登山ストックを利用した簡易テントを作ってみましょう。

1.四隅の角にペグを打ち込みます。



ワンポイント
4隅にペグを打つことで風で飛ばないようにする
 これでほぼ完成です。

2.登山ストック二本で立ち上げる

ワンポイント
・登山ストックは伸縮システムがお勧め!!
色んなストックが販売されていますが、大きく分けると3種類
①レバー式で開け閉めすることができ、ワンタッチで伸縮可能
②スクリュー式でシャフトを回し固定するタイプ
③フォールディングタイプ シャフトの中にケーブルが通されているタイプ
僕は①をお勧め
②のデメリットはスクリュー式は時間がかかる、内部のネジが壊れやすい
③のデメリットは長さ調整ができない。






3.微調整し仕上げる


ワンポイント
・これで完成という方が8割、これでは強風に耐えれません。
しっかりとテントに張りを!!

4.完成


時間もテントよりも早く組み立てれます。
実際、僕はテントよりツェルトを使用することの方が多いです軽いので。

今回使用したツェルトはコチラ↓↓

パイネのフェザーライト2~3人用

是非、試してみて下さいね。

気象遭難!!
2018/05/16 カテゴリ:登山についての知識(技術)

奈良県のお山を代表する大峯山系にて5月13日に登山中男女8名遭難という非常に残念なニュース。

この日、僕も山上ヶ岳をガイドする予定でありましたが2.3日前から天気の情報を気にしながら登る前日にゲスト様に中止とのご連絡をさせていただきました。

僕が今回中止した理由
西日本付近へ前線が伸びてくる予報で、朝方は曇りで午後を中心に雨になり、風も強くなり荒れるだろうと思い中止の判断をさせていただきました。
※登山コースも考慮して考え、天気予報だけでは判断できないこともあります。実際登れば晴れだったり、雨が降ってきたりすることは過去にもあります。そこでは現場で冷静な判断も技術の一つとしてあります。



今回のテーマは一般の方でも一度は聞いたことのある言葉「気象遭難」!!

一番有名な気象遭難の事故例では2009年7月16日に起こった登山史上最悪の遭難とも言える「北海道トムラウシ山」ではないでしょうか?
※この内容については割愛させていただきます。

今回も「案内する方」「案内される方」、双方に問題があると感じます。
もちろん、「案内する方」には重大な責任が問われることは間違いないです。

それでは「案内される方」にも問題があるとは??
登山計画とは果たして「主となる方」だけが組み立ててしまっていいものなのか?他の方はそれについてどこか不安なこと気付いたことが少しでもあれば素直に問うことはしないのだろうか?もしくは出来なかったという経験は今までありませんか?

自分でも登る山の情報、装備、行程など再確認して不安に思うことが少しでもあれば「案内してくれる方に」ご相談することでリスクの低減にも繋がります。
そんな、ご連絡があれば僕たちガイドも実は嬉しいのです(^^)

少しお話しがそれましが、一度に大勢の人が遭難する事故のほとんどが気象状況に伴う、それが「気象遭難」!!

その「気象遭難」に遭わないためにはどーするか?
ここで全部吐き出せないのでいくつかご紹介いたします。

1.安全のために何ができるか?
・山行計画
・予定日近辺の気象情報
・ルート(地形など)の確認
・通信手段の確保

2.当日できること
・最新の気象情報
・観天望気
・自分や仲間の疲労具合
・冷静な判断

3.事故が発生した場合
・現場状況の確認
・通信状況の確認
・救助要請
・保温

ここからは特に専門的分野になりますが、一番は気象に関する知識や気象遭難にはどういったものがあるか調べて知識を増やすことが勉強になります。

今回の遭難について、現場状況の冷静な判断をし通信状況を確認後、救助要請したところ助かり最悪の事態にならずに全員無事救助され良かったと思います。

登山ウェアについて!!
2017/07/05 カテゴリ:登山についての知識(技術)

梅雨前線と台風の影響で色々困りますや~ん。
この時季は特に天気予報や天気図と睨めっこしながら・・・・
やっておりますwink


まぁ、今日はこの時季だからこそって訳ではないのですが!!
案外、多い登山ウェア事情について♪♪



登山に参加してくださるゲスト様にも、お伝えさせて頂いていますが。
一般の方でも、機能性が高い雨具を着ていてカッコイイなと思うことは多々です・・・がっ。

本当にそれだけで、身体に影響はないのかな!?

なぜ?雨具を着用するのか?
どうして??とゲスト様にお話を聞いてみました!!

①着用している服が濡れて、その後の体調を崩さないように防ぐため
②着用している服が泥などの影響で直接汚れるのを防ぐため

一番の理由は服が濡れコンディションが悪くならないようにと多くの答えをいただきました。

さすが、皆さん素敵な回答です。
プチ情報(明るい色の方が目立ち遭難した場合も発見されやすい)



それは、山の中で身体を濡らすことが危険だと知っているから!!
色んな情報を得て、濡らさないよう撥水・防水・防風など機能性が高い高価な雨具をご用意してるのです。(素晴らしいですlaughing

しかし、雨具だけで本当に身体は濡れないの??
そこにプラスアルファが必要となります。
では、それは何なのか??
一番重要なのはアンダーシャツになります。

意外と多いアンダーシャツ事情!!
アウター(機能性も高く)可愛い・カッコイイため見た目にはバッチリ決まっているんです。

「雨」から自分の身を守るために雨具を着用して終わりではなく。
実は「汗」からも自分の身を守らなければ雨具を例え着用しても効果が得れないんです。

これは、長時間行動になればなるほど危険度は高くなるのです。

高価な雨具には雨の水を内側からの侵入を防ぎ、体から出る汗や水蒸気を外へ逃がす機能はついてます(透湿性数値が高ければ高いほど良い)

その機能がついてたとしても、速乾性のないアンダーシャツを着ていたとしたら蒸れてしまい、結果身体を冷やしてしまいます。

雨具も重要だけど、中身に着用するものの方が重要!!
イケてる顔よりも、中身の方が重要ってことlaughing

この時季には限らず、冬山でも同じことです。

それと、最後にもう一つ!!
雨具は頻繁に使用することが少ないため、いつもザックの中に入れっぱなしの方も多いみたいなので、湿気で効果が得れなくなるのでご注意くださいね。
保管やメンテナンスも重要laughing

お困りの方は一度、ご相談くださいねsurprised

お勧めのアンダーシャツは

・ファイントラック (スキンメッシュ)
・ミレー (ドライナミックメッシュ)
・モンベル (ジオラインクールメッシュ)

軽量化について
2017/06/02 カテゴリ:登山についての知識(技術)

さて、初心の登山者について!!
こんなお話しがありました??
いや、聞こえてきました!!




登山用品を買う時のことの話しです。

お山に登るのも初めてで、これから先も登って行きたいとのこと。
ある人がこう言いました。

それじゃ、体力もそんなにないと思うから装備も軽量化重視で揃えていけばいいよと!!アドバイス~

もちろん、ご本人も「そうか!!」と納得した様子でした。

(僕)?????

ここからは、僕の勝手なひとりごとです。

初心者の登山用品で気を付けなければならないことの一つとして今日は「軽量」についてのお話しですtongue-out

もちろん、初心者の体力をカバーするためにウェアや装備は軽くすれば、行動範囲も広がるというメリットはあります。

そもそも、軽量化とはそういうことだと僕はおもいます。
ただし、引っかかるキーワードは「初心者」ということ。

説明する人は、経験があるからお勧めできるのです。
(もちろん説明する人も親切だとおもいます)

経験者のお話は、凄く初心者にとっては大きな説得力があります。
だから、何でも「あ~なるほど」なります。

今回は「初心者」に突然軽量化を進めることはしません。

なぜなら、その人には「経験がない・もしくは浅い方」だからなんです。
軽い道具(ウェアや装備)ほど耐久性などは落ちていきやすい。
※一概にはいえませんが

もちろん、数回で使用してすぐ劣化することはないとおもいますが、でも軽いことだけを重視した場合は後に失敗したという経験にはなりますが・・・(そんな経験は必要ないと思います)

大切なのは登山中に大事なところが壊れても、初心者にはそれを補える経験と技術と体力がないと言えましょう

軽量化というものは、何か起こってもそれを補える経験と技術と体力がある人が身に着けるものだとおもいます。

なので、初心者の方には中間ぐらいの登山用品として良い選択だとおもいます。(つまり、そんな軽量化にこだわらないこと)


以上、本日のひとりごとでしたlaughing

ガイドとしてのお勧め
・軽量化を考えずに、まずは基礎トレーニング(筋力・体力)からコツコツと


登山の歩くスピード!!
2017/05/24 カテゴリ:登山についての知識(技術)

ブログを読んで下さっている方へ!!
いつも、ありがとうございますm(_ _)m

さて、今回は登山での歩くスピードについてのお話をせて下さいませませlaughing 

AT値って聞いたことありますか?
無酸素性代謝閾値=AT

イマイチ意味わからないですよね~
むしろ、登山は有酸素運動なのに無酸素が出てくるの???

簡単に説明させていただきます。
ATとは運動の強さを増していくとき、筋肉のエネルギー消費に必要な酸素供給が追いつかなくなり、血液中の乳酸が急激に増加し始める強度の値を表します。

さらに、細かくイメージしやすく伝えると!!
山を登り始めてから、ずっとゆっくり登っている間は比較的、そこまで苦しくないはず。
しかし、少しずつスピードをあげていくと、だんだん苦しくなります。

ということは、心拍数がグングン上がっていき、やがて酸素供給が間に合わなくなりバテてしまうんです。

この時が有酸素から無酸素運動に切り替わる転換点、その境目をATと言います。

それ以上のスピードで登っていると、益々苦しくなり登り続けることが出来なくなります。

このときの心拍数を「最大心拍数」と言います。

有酸素運動力を高めるには、ATレベル以下の運動負荷量を実施しすることとなります。

ザックリと説明します。

最大心拍数の70~80%前後で歩くように意識します。
だから、それはどれくらいなの??

予め、正確に測定することが難しい、あくまでもおおよそを導き出す計算が
いくつかあります。

通常   220-年齢=最大心拍数
日々運動している方 210-(年齢÷2)

(例)220-35=185bpm

目標ATの目安(75%前後で歩く)
20代 140~150bpm
30代 135~145bpm
40代 125~135bpm
50代 120~130bpm
60代 110~120bpm
70代 105~115bpm

なので、先ほどの例で通常の35歳の方が185bpm(最大心拍数)だったので、登るときのAT値の目安は135~145bpmで登るということになります。

この心拍数で登っていけば、バテることなく快適に登っていけます。

そして、最大心拍数をUPするトレーニング!!
つまり、心臓を強化する(心筋)
代表的なものは階段の上り下りが良いですよ。

最後に、いちいち脈を測定するのが大変な方は素早く測定できるものがあります。「パルスオキシメーター」これはSPO2とbpmを素早く測定できる小型な測定器。ザックに忍ばせておけば、高所登山などでも自分の身体のリスクマネジメントもできますので、お勧めです!!僕も、お客様のケアするため常に持参していますlaughing

長々とお付き合いありがとうございましたm(_ _)m
是非、ご参考までに!!





毛細血管いっぱい詰まってるとこワキ~!!
2017/05/23 カテゴリ:登山についての知識(技術)

前回は歩けることについて少し記載しました!!
今回はちょっとだけマニアックなお話を・・・laughing
予め、僕は医師ではありませんtongue-out

「歩くだけで身体が良くなるとか頭が良くなるなど」ってよく聞きませんか?

なんで???

ザックリと「血液や血管」のお話になります。

その中でも「毛細血管」って聞いたこともありますよね(乳首ドリルすなっlaughing

静脈や動脈から枝分かれしている血管のことです。
この毛細血管があるからこそ全身の細胞に血液を運んでくれた酸素・栄養を供給することができ、日々健康的に生きれるわけなんですね~。

じゃ~、その毛細血管を増やせればスーパー元気でいられるってことですね~!!

つまり血液(運搬車)は酸素・栄養(荷物)を体の隅々(目的地)まで運ぶ
=酸素供給の改善により持久力はUP!! 栄養.水分の供給改善による若返り!!

これらの働きはお金が一切かからない(運送料など)
自分の意思でコントロール出来るんです!!

そして、良いことに足裏には毛細血管が多く集まっているらしいです。
そう、その毛細血管を増やすには歩いたり・走ることで毛細血管の開発を活発させ、更に減少も抑えてくれるのですsurprised

毛細血管を増やすには、長い距離を歩く(お話しできるペースで)
もぅ、これは、まさしく!! 
登山には最適ですね~laughing

普段、お仕事などで多忙な方はシナモンを摂取すれば改善できるみたいです。
シナモンには「タイツー」と呼ばれる栄養素が含まれており同じ効果が得られます。

まとめです↓↓

笑顔になる>身体が良くなる>毛細血管を増やす>登山








BCAAとは!!
2015/10/20 カテゴリ:登山についての知識(技術) 必須アミノ酸の一種でバリン・ロイシン・イソロイシンの総称で分岐鎖アミノ酸と呼ばれています。
効果は筋肉の超回復と即効性があるのが特徴です。

登りはじめる前と登山中に摂取することで、筋肉疲労時に乳酸を分解して
筋肉を疲れにくくする働きがあり、長時間でも高いパフォーマンスを維持してくれます。

水分補給時にお茶(カフェイン入り)を飲まれる方をよく見ますが、カフェインなどは利尿作用があり、
かえって水分を体内から排出される原因となります。

オススメのドリンクは
アミノバイタル
ヴァーム
スポーツドリンク(ポカリ・アクエリアスなど)

少しでも快適で楽しい登山を味わえると思いますlaughing
是非、試してみてくださいねsmile





  • 1 / 1

ページトップ

関西(奈良)のアウトドアツアー。キャニオニングや登山、冬には雪山登山を楽しみたいなら、
たっぷり自然を感じることができるウエストアドベンチャーへ!

Copyright © West Adventure ウエストアドベンチャー All Rights Reserved.